本文へ移動

不動産売却の仲介と買取の違い

不動産売却の仲介と買取の違い
不動産売却の方法として一般的なのは、不動産会社に不動産の価格査定をしてもらい、媒介契約を結び、広告を出して買主を探す「仲介」です。
一方で、不動産会社に直接買い取ってもらう方法が「買取」です。タイホウエステートが高価買取いたします。
仲介
買取

仲介と買取の比較表


仲介(一般的な売却)
買取(タイホウエステート)
現金化のスピード
いつ売却できるか不明
早い
仲介手数料
必要
不要
荷物の処分
必要
不要
​資金計画のたてやすさ
売却時期が確定しない
売却までの期限が明確
販売活動
情報の公開
情報非公開

仲介と買取の特徴

「仲介」
(一般的な売却)

──
売主と買主の間に不動産会社が仲介として入り、売買契約を取りまとめます。一度媒介契約を締結すれば、広告や内覧等の販売活動を行うのは不動産仲介です。
「買取」
(タイホウエステート)

──
売主と買主を仲介するのではなく、タイホウエステートが買主となります。売主は当社と直接価格などを話し合い、条件がまとまればすぐにご契約に進めることが可能ですので、現金化までの期間を短くすることができます。

だから買取がおすすめです!

こちらもご覧ください

2024年3月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る